春になりシラサマビーチは荒れる日が増えて、

しばらく潜ってませんでした。

この火曜日に久しぶりに偵察に行ってきました。

前潜った時はヒジキに覆い尽くされてましたが、

刈り取られたのか、だいぶすっきりしていました。

この時期になると、ある生物が産卵のために押し寄せてきます。

P4195988

アメフラシです。

まだ、体が小さく交接している光景を目にしませんでしたが、

もう少し経つと、いたるところで大きく育ったアメフラシが

交じり合ってラーメンのような卵を産み付けていきます。

今は一生懸命に海藻をムシャムシャと食べて備えているようです。

砂地を観察すると、口髭を生やしたハゼが、

P4196070

サビハゼです。

拡大してみると・・・

1

立派な髭が生えています。

このハゼ、真冬の1~3月に繁殖期を迎えます。

ちょっと変わっています、

きっと、他種と時期をズラすことで、

種の存続を狙っているのかもです。

何かの記事に、すきま産業みたいと書いてありました。

面白いですよねー

P4196076

ヒレを広げると、地味ですがなかなか美しいです。

お腹がプックリしているように見えます。

食べたものか、もしかして時季外れの産卵か・・・

P4135893

定番のダテハゼもテッポウエビといっぱい共生してます。

P4196000

5月くらいからニジギンポの産卵が始まるので、

ステーションの空き缶を確認していると、

イソハゼが住んでました。

P4196036

コペポーダは卵塊がシングル状態、

深場の魚礁では活発に増殖してますが、

ビーチのコぺはイマイチ元気がないです。

本日もご閲覧ありがとうございました。

文:伊藤英昭