海況データ:魚礁 一ツ石 水温21.9℃ 気温14℃ 透明度7~8m 波なし

 昨日の波は完全に消えて静かなコンディションでした。
今日は先日から賛否両論がある、魚礁のハナダイの観察に行ってきました。
ケラマハナダイygかアカオビハナダイygかの確認、
まずはこのヒラヒラ泳ぐ幼魚達、
鰭の紫色がたまりません。

写真 2016-11-26 10 56 07

尾鰭をよく見ると、赤点が独立してます。
図鑑通りだと、アカオビです。
その証拠に、
いました!!

写真 2016-11-26 10 38 38
写真 2016-11-26 10 38 38


大きさが3㌢ほどの、雄に性転換中の小さなアカオビハナダイ、
体中央にトレードマークの赤帯が確認できます。
時々、いっちょ前に雌を追いかけて求愛行動も見られました。

写真 2016-11-26 10 37 56

右下にいるのが雌です。

そして、サクラダイも確認、

写真 2016-11-26 10 50 12

小ぶりで若魚、背鰭に黒点があるので雌です。
そして、これも小ぶりですが、
性転換中のサクラダイ雄が、

写真 2016-11-26 10 47 28
写真 2016-11-26 10 47 28


雄の特徴である、白色斑が少なく、
雌に見られる背鰭の黒点が微妙に残ってます。
要するにオカマ・ステージ、
この個体がハーレムを形成していくのでしょう。

そして、キンギョハナダイ雄、
キレイですねー

写真 2016-11-26 10 52 04

これは雌、

写真 2016-11-26 10 55 34

ちなみに、
アカオビとサクラダイは、通常は水深30~40mに生息、
魚礁では18mで観察できるので、貴重なポイントです。

追加情報で、湾内の長瀬ポイントには、サクラダイの大きな成魚が、
水深20m付近でハーレム状態で観察できますよ。
昨日、確認してます。

このハナダイ達、越冬して来年の繁殖活動が楽しみですね!!