海況データ:地の株ビーチ、水温29.0℃ 透視度10m 凪

台風後、初の潜水となります。

大雨の濁りを心配してましたが、

このポイントは、水も青く高水温でした。

そして、波の影響が気になっていた、

尾鷲SDのウミヒルモ畑、

少し泥を被っているだけで一安心、

この場所、定番のポイントでは、

見かけない生物が居ます。

ここ10年くらいで、全く見かけなくなった、

ヤナギウミエラ、小型でしたがポツポツと

点在していて、エビが乗ってたり。

image

ヒルモの葉っぱと絡んだ幼魚を探しましたが、

全く発見できず…

半月前は賑やかだったのですが、

いったい何処に、

どうも、台風の1週間で一気に成長したようで、

コロダイ幼魚も、こんなに大きくなって、

周辺のゴロタ石に付いてました。

魚の成長は想像以上に早いです。😅

ちなみに、背後のキタマクラが、つきまとい、

明らかにクリーニング催促をしてました。

ホンソメワケベラと勘違いしてるようです。

コロダイの生き残る知恵ですね。😲
image

こちらは、梶賀で成魚を見かける、
ヨスジフエダイの大きめ幼魚、
image

あまり見かけない、
ミスジアカヒレイシモチ、
image

砂地なので、
こんな多眼の妖怪も居てます。
image

ウミヒルモのツボミ、水中花は発見できず。

また、葉っぱの形が、梶賀より細長いので、

ホソウミヒルモかもしれません。

それでは、明日はボートポイントで、

台風後をリサーチしてきます。😆

そして、尾鷲のシンボル、

火力発電所跡地の煙突、

本格的に解体作業が始まってます。

国内で2機しかない、巨大クレーンは一見の価値、

寂しいですが、時代の流れですね。
image


伊藤