ダイブサイト シードリーム

三重県尾鷲市にあるダイブサイト【シードリーム】より、尾鷲の海のことなどお伝えします。

2018年02月

海況データ:水温15.5℃ 気温13℃ 透明度6〜10m

海から風が吹き、
春らしい気候となりました。

対岸ポイントのキサンゴカクレエビ、
IMG_0656

体長は5mmくらいですが、
シマシマ模様が素敵です。

そして、
一ツ石ポイントの、
クダヤギクモエビ、
IMG_0657

本根の壁に、
いっぱい付いてます。
擬態がすごいです。

近くには、
イボイソバナガニ、
IMG_0649
※I様の撮影

ゼブラガニ、
IMG_0651
※I様の撮影

本日は甲殻類で遊んで頂きました‼︎
(╹◡╹)


海況データ:水温15.5℃ 気温11℃ 透明度10m

朝から南風が吹き、
春一番のような気候でした。

リクエストで、
一ツ石を2ダイブ、

キサンゴカクレエビが二個体目、
見つかりましたー
IMG_0640

この子も小さく、
神経質で、
ライトを当てると、
シュパッ‼︎ シュパッ‼︎ っと、
素早く反対側に隠れます。

そして、
こちらが一号のカクレエビ、
IMG_0639

一ツ石のキサンゴカクレエビは、
体が微妙に透き通っていて、
撮り難いです。

IMG_0644

こんな質感です。(^_^;)

そして、アヤトリカクレエビも、
水深23mと25mに、
合計3個体います。
IMG_0630
※N様の撮影

ナシジイソギンチャクが全開で、
迫力が満点です。
このエビ、どアップで撮るより、
全体の一部として表現した方が、
面白いです。

深場のレア.エビのリクエスト、
お待ちしております。(╹◡╹)

 カンパチ祭り

ご好評につき今年は3回開催いたします。
2ボートダイビング終了後のランチは
獲れたての新鮮なカンパチのお刺身を召し上がりください。

ファイル 2017-04-29 14 04 25

写真 2016-07-17 14 18 18

5月26日(日) 6月23日(土) 7月14日(土)



 こつまみバル開催
チケットを片手に夜な夜な尾鷲の街を飲み歩き
(宿泊の予約受付中)お早めに。

 前売り券は早めに買うとけい
5枚綴りのバルチケットは前売り券3,000円、当日券3,500円。
「5枚じゃ物足らんじょー」という方はぜひ事前のまとめ買いを。一冊を仲間と使うこと
もできるし、余っても[あとバル]で使えます。枚数限定のため売り切れご注意。
 地図をたよりに、はしごしてい
バル地図や特設フェイスブックページを見て、気になるお店を見つけよう。
お店に入ったらまずはチケットを見せて「バルメニューちょーだーい」と注文を。
一人で一枚。混雑時は次の人へとすばやく席をゆずるのが[バル通]やで。
 口コミ情報をあなどったらあかんで
下調べも大切ですが、お店や通りで地図を手にしたバル参加者におすすめのお店を
聞いてみるのも楽しい。行列や評判メニューなど有効な情報が手に入るはず。
 バル友をつくろらい
隣に座ったバル参加者に話しかけてみよう。
はしご酒が好きな者同士、ほろ酔い気分で意気投合まちがいなし。
 使いきれなんだ券は[あとバル]で
チケットを使いきれなくても安心。イベント終了後も[あとバル]参加店で1枚600円の
金券としてお支払いの一部に使えます。

日 土曜日


13072632_503818039810432_1122310446777679610_o
 

尾鷲港まつり

まつりの興奮がそのまま夏の夜空へ

尾鷲湾内の防波堤から、夜空一面に打上げられる花火大会。三方を山に囲まれた地形ならではの独特の反響音が持ち味だ。おすすめの観賞ポイントは打上げ場所に近い港の岸壁。海面に映る花火の美しさ、山に響く音なども十分に楽しめる。また午前中には新鮮魚介の「尾鷲イタダキ市」など多くのイベントが行われる。尾鷲市には世界遺産の熊野古道や三重県立熊野古道センター、特産品施設「夢古道おわせ」もあるので、ぜひ足を延ばしてみよませんか。


日 土曜日
2ボート終了後

花火が始まるまでBBQを楽しみます。

飲めや食えやでほろ酔い気分。

日が沈みかけたら尾鷲港へと移動して穴場で花火を観覧します。

こちらも毎年恒例シードリームNO1のイベントなので

宿泊をご希望の方は事前にご連絡ください。もう受け付けていますよ。
120263_1


海況データ:水温15.5℃ 透明度10m 波なし

昼からは、
東風が吹き始め、
春らしい気候となってきました。

対岸ポイントでは、
出ました‼︎
テヅルモヅルエビ、
IMG_0603
IMG_0605
※G様の撮影

そして、
柄の違うタイプも、
IMG_0604
※G様の撮影

リクエストの、
キサンゴカクレエビ、
IMG_0586

一ツ石のアヤトリカクレエビ、
IMG_0606
※G様の撮影

さっきとは模様の違うキサンゴカクレエビ、
IMG_0599

リクエストでシラサマビーチ、
サビハゼの観察、
IMG_0590

巣穴掘りは未だでしたが、
やたら活発に捕食してました。

そして、珍しい、
テンスyg.
IMG_0594

次はホウボウyg.
IMG_0589

ここはアンドの鼻?‼︎
と感じさせる賑やかさでした。

そして、最後は銚子川で、
リバースノーケル、
ユラユラ帯の観察でしたー
IMG_0580

本日もご利用まことに、
有難うございました‼︎(╹◡╹)

↑このページのトップヘ