ダイブサイト シードリーム

三重県尾鷲市にあるダイブサイト【シードリーム】より、尾鷲の海のことなどお伝えします。

カテゴリ: インフォメーション


2017年度のアゴ島がいよいよ解禁になります。


10月1日(日)~10月8日(日)

10月30日(月)~11月7日(火)

11月28日(火)~12月6日(木)

12月28日(木)~12月31日(日)

P1270736

10月から4月までの期間、1ヶ月のうち10日間程の14:00以降に開放される


根強いファンが多い期間限定ポイントです。


港から約7分の隠れ根で、最も外洋を向いている為、潮流やウネリの影響を受けやすいですが

各ポイントのなかでも水が青く、熱帯系のツノダシやアオブダイが見られます。


マップには載っていませんが隣のトガ島との間はカンパチ・ワラサ等の回遊魚の通り道に
なっていて、常時アジ・キビナゴが群れています。

グロットの近くには体長1.5㍍近くあるドチザメが見られる穴が点在しており、
多いときには15匹以上確認されたこともや追い抜かされたと言う笑談も。


また、隣のトガ島沿いに移動するとトガ島グロットと呼ばれる巨大な洞窟があり、
光と影の世界を満喫できる。ただ、水面が静かなベタ凪の時だけ進入可能なのと、
洞窟内にはエアドームもあり穏やかな時は行けてます。
また内部は真っ暗なので明るめのライトとある程度の経験が必要です。



尾鷲に来たら一度は潜ってみたいダイナミックなポイントの一つです。


2017年 尾鷲 コツまみバルのお知らせ

日程  日(土)

好評につき今年も参戦します

1237511_174394479419458_506431792_n





チケット片手に夜な夜な 飲み歩き   

案内はスタッフにお任せください

13072632_503818039810432_1122310446777679610_o

7718c84c-s


cdfa5d00-s


今年はハロウィンも同時開催  盛り上がり間違いなしの夜になりそう

yjimage



水深18m付近で【オキノスジエビ】が見れるのは
尾鷲シードリームだけ。

大鼻で「オキノスジエビ」が常時観察できる
 通常は水深30~40㍍以深で観察できる深海のエビが、尾鷲なら浅場に生息してます。水深17~18㍍の暗い穴に、個体数の増減はあるものの、年中安定した群れで確認が可能!また、外洋ポイントならではの、宮古島を彷彿させるダイナミックな地形も楽しめます。水深も10㍍から40㍍まで、なだらかに広がっていて、初級者からディープ講習まで対応できます。
okiebi.jpg
<大鼻ホールNo.1にて、水深18㍍のオキノスジエビ>
obanaana1.jpg
<大鼻ホールNo.2入り口>
obanaana2.jpg
<No.2の石室内部>

↑このページのトップヘ