ダイブサイト シードリーム

三重県尾鷲市にあるダイブサイト【シードリーム】より、尾鷲の海のことなどお伝えします。

カテゴリ: インフォメーション

全国のツワモノが年に一度、

和歌山の須江に集結する、

ABE  CUP2018にシードリーム.チームで、

参戦してきました。

現地サービス13チーム、都市型1チームの、

チーム戦で競います。

簡単に内容をご説明しますと、

1ダイブ40分の制限時間内で、

5つの指定された被写体を、

各人が全て撮影してきます。

それを2ダイブするので、合計10被写体を撮り、

その10枚の中から、5枚を提出します。

しかも、5枚のうち、2枚はガラポン、

3枚は自信作を提出できます。

採点方法は、

ピント、構図、露出、

被写体理解度、芸術性、独創性、

の6項目(5点満点×6項目)、

1作品が30点満点×5枚、

総合満点が150点となります。

その、総合得点で競います。

10枚の被写体は前日の夜9時に発表され、

我々チームも、レンズの選択などの、

作戦会議をします。
IMG_3781

そして、試合当日の朝6:30、

コースが発表されて、

リーダーのガイド役が集まってます。

この日は真冬並みの寒波でシビレそう。
IMG_3813

そして、リーダーだけ下見をできます。

全国から強豪チームのガイド達が集結、
IMG_3812

そして、写真家 阿部秀樹さんから、

詳しいルール説明があり、

いよいよ試合開始!

SDチームは、2番手のスタート、

15分の間隔を空けて、次々とチームがエントリー、
IMG_3782

我々は本来3名で1チームを、

2名での参加だったので、8分のハンデで、

32分の潜水時間での勝負。

移動時間、生物探しの時間もあるので、

1被写体を3分以内での撮影時間で回りました。

エキジット後は、写真提出の制限時間もあり、

大急ぎで提出する写真をPCで選別、

とにかく時間に追われる2ダイブでした。

夜は懇親会があり、

尾鷲のスライドショーをさせて頂き、

東紀州の知名度が少しは上がったかなー
IMG_3791
IMG_3792

そして、ドキドキの結果発表です。

なんと、我々SDチームから、

永田様がブービー賞を獲得❗️
IMG_3803

全てが終了したのは、

深夜の3時頃でした!

IMG_3784

ご参加して下さった、

永田様、西尾様にはホント大きなエールを、

送りたいと思います。

そして、熱く長い1日の次は、

ダイブクーザさんで、ノンビリ潜ってきました。
IMG_3816

来年のメンバーも、募集してます。

3日間ありがとうございましたー😊

お待たせしました
解禁日のご案内です。

agoshima

10月から4月までの期間、1ヶ月のうち約8日間程の14:00以降に開放される

期間限定ポイントです。


港から約7分の隠れ根で最も外洋を向いている為、
潮流やウネリの影響を受けやすいですが

各ポイントのなかでも水が青く熱帯系のツノダシやアオブダイが見られる。

マップには載ってませんが隣のトガ島との間はカンパチ・ワラサ等の回遊魚の
通り道になっていて常時アジ・キビナゴが群れています。

また隣のトガ島沿いに移動するとトガ島グロットと呼ばれる巨大な洞窟があり
光と影の世界を満喫できます。ただ、水面が静かなベタ凪

の時だけ進入可能なのと内部は真っ暗なので明るめのライトとある程度の経験が必要。

グロットの近くには体長1.5㍍近くあるドチザメが見られる穴が点在しており
多いときには15匹以上確認されたことも。
尾鷲に来たら一度は潜ってみたいダイナミックなポイントの一つですよ。



日程

2018年
10月19日(金)~10月27日(土)
11月18日(日)~11月26日(月)
12月17日(月)~12月25日(火)

2019年
1月16日(水)~1月24日(木)
2月15日(金)~2月23日(土)
3月17日(日)~3月25日(月)
4月15日(月)~4月23日(火)

月刊ダイバー8月号で、

古見きゅう氏 が担当のページに、

尾鷲の海が特集されました!

IMG_2268

全4ページに渡る編集記事で、

きゅうさん自身が文章も担当されてます。

IMG_2270

広告記事ではないので、

きゅうさんの自由な視点、表現に注目です!

ぜひ、本屋さんにお急ぎ下さいませ。

IMG_2269

きゅうさん、ありがとうございました ♪ 

IMG_1556

水深18m付近で【オキノスジエビ】が見れるのは
尾鷲シードリームだけ。

大鼻で「オキノスジエビ」が常時観察できる
 通常は水深30~40㍍以深で観察できる深海のエビが、尾鷲なら浅場に生息してます。水深17~18㍍の暗い穴に、個体数の増減はあるものの、年中安定した群れで確認が可能!また、外洋ポイントならではの、宮古島を彷彿させるダイナミックな地形も楽しめます。水深も10㍍から40㍍まで、なだらかに広がっていて、初級者からディープ講習まで対応できます。
okiebi.jpg
<大鼻ホールNo.1にて、水深18㍍のオキノスジエビ>
obanaana1.jpg
<大鼻ホールNo.2入り口>
obanaana2.jpg
<No.2の石室内部>

↑このページのトップヘ