ダイブサイト シードリーム

三重県尾鷲市にあるダイブサイト【シードリーム】より、尾鷲の海のことなどお伝えします。

カテゴリ: シードリームの海日記

海況データ:水温15.5℃ 気温11℃ 透明度10〜15m 風波強い

朝から北西風がビュンビュンで、
陸は寒い一日でした。

しかし、水中は、

IMG_0460

穏やかで、この透明度です‼︎
ツバメウオ達も、元気で、

IMG_0458

魚礁の砂地も20m先まで見えてましたー

長瀬も抜群の透明度、
サクラダイのハーレム撮影中、
IMG_0457

IMG_0466


良い潮が、続くといいですね‼︎
本日もご利用、誠にありがとうございました。
(╹◡╹)




今日はゲストさん達と魚礁と一ツ石へ!


海況データ
水温15~16°
透明度10~15m

魚礁は透明度15mn以上!!
ツバメウオ達も健在でした

湾内のポイント 一ツ石も透明度10m以上!!

タツノオトシゴ


やキサンゴカクレエビと超絶擬態のアヤトリカクレエビなど見られ

ワイドもマクロも楽しめました~(*'▽')

P2100062





海況データ:水温15.3℃ 気温5℃ 透明度10m 風波強し

今日の尾鷲は冷え込みました。
朝から北西風がビュンビュンで、
一ツ石ポイントは水面ハードですが、
水中は穏やかで青い。

暫く確認してなかった、
アヤトリカクレエビの安否をチェック、

まずはペアの雌、
何処に居るか分かりますか?(・・;)
IMG_0408

相変わらず超絶擬態に驚かされます。

そして、小さな雄、
IMG_0409

ホストのナシジイソギンチャクに、
上手く化けてます。

そして、隣のムチヤギに、
更に単独でくっ付いてます。
IMG_0410

この子も、もしかすると、
実はペアで、
擬態に欺かれている可能性があります。
ここで-25mなので、
あまり粘って探せません。

本根の上は、
アヤニシキの嚢果がぷくぷくです。
IMG_0411

頑張ったら、
こんなシーンも観察可能です。
IMG_0416
※12月の画像

魚礁のツバメウオも、
大きくなってます。
IMG_0415


そして、冬の生態シーンの真骨頂、
シラサマビーチのサビハゼ、
IMG_0412

おきまりのゴロタ石回りで、
活発に捕食に励んでました。

IMG_0413

巣穴らしき前で鰭全開の姿は、
この時期ならではの美しさですよ。(╹◡╹)


昨日はシラサマビーチで、
コースで散策してきました。

水深の浅いビーチは、
様々な生物の誕生の場であり、
季節感を最も感じることができます。

冬場は閑散としていたシラサマビーチですが、
早くもヒジキが急速に成長してきてます。
IMG_0381

一週間前は殆ど無かったのですが、
自然の生命力には圧倒されます。
3月になると、
一面ヒジキの森になります。

IMG_0382

そして、追い続けている、
サビハゼの繁殖活動、

2週間前と変わらず、
同じゴロタ石の周りにペアで確認。
IMG_0385

お腹に注目‼︎
雌ハゼのお腹がパンパンに膨らんでます。
卵が入っているのでしょう。

そして、巣穴の前で
雄ハゼの誘いを待っているのか、
IMG_0386

背鰭を立てて、
このような行動も見せてくれました。

肝心の雄は、巣穴堀りは見せず、
周辺の砂地で、
捕食活動に一生懸命でした。
今後の子育てに備えて、
栄養補給かと思われます。

そして、昨年の台風による影響も、
残ってます。
IMG_0387

大量の流木が水底を覆い尽くしてます。

ちなみに、先週13℃だった水温、
なんと16℃に上昇してました。
(╹◡╹)

SHOPさんをお迎えして魚礁と対岸へと行って頂きました。

透明度も良く両ポイントとも10~15mです。

今、魚礁のアイドルのツバメウオ4兄弟でいて

対岸では今季初お目見えのマトウダイの姿も確認して頂きました。

水温も16℃とこの時期にとっては高めです。

寒い中ですがダイビング終了後は皆さんスッキリした表情を見せてくれて

充電完了!って感じの1日となりました。

本日ご利用頂きましたSHOP様有難うございましたm(__)m

↑このページのトップヘ